【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュート

太陽光発電の販売メーカーを比較することの出来るサイトや情報サイトをまずはご確認ください。
必要最低限の基礎知識を頭に入れてから、太陽光発電の販売業者を探すようにしましょう。 太陽光発電の設置価格は1kwで70万円となっていますが、この数字が完璧に適用されるとは限りません。
機種や導入規模によりましては、定められた65万円以内に納めることが正直難しくなってしまう場合もあるのです。太陽光発電を普及させるために、今では固定価格買取制度と呼ばれている支援策が出されています。
もしかしたら風力発電や水力発電など自然のエネルギーを使った環境に優しい電力発電でも全量買取制度というものも実施されることとなっていくでしょう。

 

最近始まった補助金制度では、太陽光発電の補助金額がシステム1kwで7万円と定められています。
そして太陽光発電システムの価格というのが1kw当たり65万円と一昔前と比較をすると大きく変わってきたのです。



【お役立ちメニュー】太陽光発電システム以外にもエコキュートブログ:21-11-28

おれの妻の身体に新しい命が授かってから
もうすでに臨月に入り、
いつ生まれてもおかしくない状況にあります。

すでに我が家は、
いつ息子が生まれてくれてもいいように、
臨戦態勢に入っております。

さてさて、
MAXに腹が大きくなっているおれの妻…
動くのも一苦労のようです。

「ふぅ…ふぅ…」

でも、2歳のむすここうちゃんは、
そんな妻の状況を理解できず、
「遊そぼ!」「抱っこ!!」とダダをこねます。

そこで、妻はむすこに言います。

「ごめんね。ママは、いま腹の中に、
こうちゃんの妹がいるから、抱っこしてあげられないの。
妹が生まれてきたら、また一緒に遊ぼうね」

むすこは、なにかを理解したのか、
妻の腹をナデナデしました。

それからというもの、
むすこは、妻に抱っこを求めたり、
無理に遊ぶことを求めたりしなくなりました。

妻が洗濯物を干すとなると、
むすこは洗濯物を持ってくれます。
妻が床拭きをはじめると、
むすこも同じように床を拭いてくれます。

見よう見まねですが、
むすこなりに妻のお手伝いをしているのです。

前、妻を追いかけて走ったむすこが、
おもいっきりつまづいてこけてしまいました。

すぅ〜と立ち上がったむすこは、
痛かったのか、恥ずかしかったのか、目に涙をいっぱいためて、
下唇が上唇にかぶせて、泣くのをジッと我慢してました。

妻は、ゆっくりとコシをかがめて、
むすこの目線で優しくこう言いました。

「大丈夫?痛かったね。我慢しなくていいのよ。泣いてもいいのよ」

むすこは大きくゆっくりとうなづいて、大きな声で泣きました。
そして、抱きしめられたその顔は、
だんだんと安堵の表情になっていきました。


ホーム サイトマップ